副業って本当に出来るの?

品川です、

出版される本を告知しましたので、
本にまつわる話を少し書きます。

============
ちょっと副業をしてみたい人のための 月10万円をラクラク稼ぐ 輸入・ネット販売
https://goo.gl/7SCbRu
============

初心者がインターネット物販で
稼ぐ方法について書いた本です。

いくつかメッセージを頂いたので
副業に興味がある人は
結構多いんだなと感じました。

「本当に上手くいくの?」

「自分でもできますか?」

という質問があったので簡潔に答えますと、

「才能には関わらず誰でも出来る」

と私は思っています。

ヤフオクとかメルカリなどで販売して
月に10万円とか50万円とか100万円とかの
利益を出すことが出来ます。

すべての人に勧める気持ちは無いですが、
もともとビジネスに興味がある人にとって
物販は結果を出しやすいビジネスです。

ぶっちゃけて言うと、

「楽してお金だけ稼ぎたい」

という感じだと多分無理です。

それなりに面倒なこともあるので、
行動ができないと思います。

だけど、

「ちょっとの苦労はしてもいいから
今この人生をなんとかしたい!」

という強めの意思があれば結構いけます。

本の冒頭にも書いてありますが、
一日30分の作業時間で月に35万円
稼いでいる人が実際にいます。

(実は現時点ではさらに成長して50万円に届きそうです)

サラリーマンの方が副業で稼いでいる金額です。

ただこの方は会社がすごくブラックで、
辛くて泣きながら私のブログにたどり着いた
という経緯がありました。

だから最初は少し大変なことがあっても
生活を変えたい一心で頑張ることが出来ました。

私も自分自身がビジネスを始めたのは
会社員時代、生活を変えたいと強烈に思っていたからです。

毎日夜の帰りが遅く、土日に家にいられない
というライフスタイルだと、
子どもとほとんど時間を共有できない事に気づいて、

「このままだと気づいたら子どもが大人になっちゃうな」

と思ったんですね。

子供と一緒にサーフィンしたいと思っていたし、

キャッチボールをしたり少年野球の練習を
手伝ったり、父親としての役割を味わいたかった。

行ってみたい海外のサーフポイントも
たくさんあったけど、このままだと
夢で終わると気づいたんですよね。

住宅会社の営業マンをやっていましたが、
めちゃくちゃ頑張っても年収1000万円位、
それだと税金的に一番つらく、結局お金は残らない。

「まあ、普通のサラリーマンならそんなもんでしょ、子供もいるんだし」

って思う人もいるかと思いますけど、
私はいつしかそう思わなくなったんです。

考え方が、

「給料が高い会社に就職する」

ではなくて、

「自分でビジネスをすればいい」

と変わってきて、

いろいろ情報を集めまくった結果、
一番収入が得やすいビジネスが
ネットを使った物販ビジネスだったのです。

つまりこの本で説明しているビジネスです。

2016年に起業して、
2017年は息子と二人でオーストラリアへ、
2018年は家族6人でバリに行きました。

毎日家族で食事ができるし、
お風呂も一緒に入っています。

仕事が忙しい時もあるけど、
メリハリをつけて楽しむことも出来ています。

起業してから12回くらい海外に行きました。

何を言いたいのかというと、
働き方を変えることで生活を変えることが出来たのです。

副業で月10万円稼ぐくらいなら、
ちょっと気合いれて時間をかければ
誰でも出来るって言うことです。

主婦の方が生活費や子供の貯蓄のために
月5万円を稼ぐという目的でも良いと思います。

だから「ちょっと可能性を感じる」という方は
この本でドアの奥を覗き見してみてください。

===============

●Amazonキャンペーンの応募方法

▼ステップ1:
9月27日(木)〜29日(土)の3日間に
Amazonから書籍を購入する。
https://goo.gl/7SCbRu(クリックするとAmazonページを見れます)

▼ステップ2:
Amazonキャンペーンページで応募
https://canyon-ex.jp/fx19440/rqcClV(ご注文後こちらからすぐに応募できます)

▼ステップ3:
メールでプレゼントが届きます。
確認に時間がかかるのでしばらくお待ちください。

★Amazonのご購入の後、カスタマーレビューを書いていただけた方には別途プレゼントを差し上げます。
レビューを書き込み後、Amazonキャンペーンページから申請してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください