簡単に血判書の血を出す方法

こんにちは。

今回はかなりニッチな内容です。

「血判書作りたいけど、どうやって血を出すの?」

ってビビりながらググってこの記事に
辿り着いたあなたのためにこの記事を
書きましたので、なるべく簡単に適量の
血液を出す方法をシェアします。


簡単に血判書の血液を出す方法

くれぐれも自己責任でお願いしますね。

では、
ステップ・バイ・ステップで説明します。

1,左手の親指の付け根を輪ゴムで縛り、うっ血させる。
2,その指を50℃位のお湯で15秒付ける。
3,カッターで指の掌の反対側を切るとジワッと血が出てくる

<コツ>
最大の恐怖ポイントは、
「ザクって切り過ぎちゃったらどうしよう…」
っていう、ブレーキがかかる時です。

カッターで軽く刃を当てて、引いた位では
人間の皮膚は切れません。

まずは軽くカリカリと何度か刃の先っぽで
傷をつけていくとジワッと血が出てきます。

力いっぱいグサッと行こうとしても、
あなたの本能が、刃物を持った手を
全力で抑えようとするでしょう。

正直に言うと、私が初めて血判書を作ろう
とした時2時間位ためらって、7回針を指や
手の甲、手首や肘の裏側にプスプス刺した
のですが、なかなか血が出なくて困りました。

今回は2回目だったのでだいぶコツが分かり
ましたが、初めての時は、
「怪我したくない」という本能が恐怖心
となり、針を持つ右手を全力で止めよう
としているのを感じていました。

でも、恐怖心と痛みを乗り越えた
コミットメントは本物です。

本気で自分にコミットしたいなら、
血判書をお勧めします。

“簡単に血判書の血を出す方法” への3件の返信

  1. こんにちは、2度目の訪問です。血判書なんて最近はきかない言葉でした。でも確かに本気のコミットですね。
    私も40代です、2つ本業をしているので、確実路線で収入になれば一つは辞めたいと思ってさまよっています。

  2. じょんじょんさん、こんにちは。
    アフィリエイトのランキング経由で来たのですけれど…
    だれ(どの武将)の血判書かな~、中身は? と興味深々。
    ご自身だったのですね。
    押す指を切ると思っていたのですが、違うのですね。
    確かにそれではきれいに押せません。
    こどもなどの採血に使われるものはどうですか。使い捨てで衛生的でよく切れるので痛みも少ないですよ~ ふつうには買えないのかな? 

  3. 再々の血判書をお勧めしているわけではありません。
    あまりにも痛々しかったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください