健全なキャッシュフローのススメ

キャッシュフローの話をします。

あなたの銀行残高の事です。

物販ビジネスによくある話ですが、
利益は出ているはずなのになぜか
お金がないという状況があります。

扱うアイテムの単価を上げたり、
数を増やしたりしているうちに
お金が在庫に変わっている場合
このパターンです。

「在庫」という概念を意識しておかないと
黒字なのに支払いが出来ないという状況に
なる危険性があるのでしっかり覚えて
おいてください。

まずは利益率よりもキャッシュフローを
安全にする考えで説明しますと..

基本的に、仕入れをした商品は支払日までに
売り切るようにするのが理想です。

仕入れで使ったカード決済の支払日までに
売り切るという事です。

例えば月末締め翌月27日払いのカードで
1月10日に決済した場合、支払日は
2月27日ですね。

注文して10日後の1月20日に商品が
届いたとして、すぐ出品すれば1ヶ月
以上は猶予がある事になります。

1ヶ月は4週間はありますから、
ヤフオクで7日間での出品を
4回行うことできます。

やり方の例としては、
1回目→利益率50%の強気の価格でスタート
2回目→1回目と同じ
3回目→価格を下げる
4回目→1円出品売り切り

※上の例はあくまでも参考例です

こうやってなるべく利益が取れるような
方法で販売し、売れない場合は徐々に
価格を安くしていって確実に現金化する
という方法です。

こういうルーティンを守れば、
リサーチが余程ズレていな限り
マイナスになることはないはずです。

1〜2回目の出品で売れる商品もあるので
キャッシュは増えていきますので、
油断をしないようにしましょう。

基本的に1円スタート売り切りは
利益率は下がります。稀に競って跳ね上がる
こともありますが、平均的に儲からないと
考えた方が良いと私は考えています。

このパターンで利益額を増やしていき
徐々に資本を増やしてましょう。

そうすると、支払いに追われることなく
安売りする必要がないので、利益率を
更に上げることができます。

なので、

1,まずはキャッシュフロー
2,次に利益率

の順番でやっていくとよいでしょう。

あなたの持っているカードの
締め日と支払日を確認して、
「仕入れ→出品→売れない場合の損切り」
のスケジュールをシミュレーション
してみてください。

それではまた!

ばいちゃ! 品川

 

副業で月収30万円を稼ぎたい方は
メルマガに登録してください。
(↑登録はこちら:無料)
 
※この記事が役に立ったらクリックをお願いします。
このブログを多くの方に広めるために非常に助かります!
人気ブログランキングへ

https://blog.with2.net/link/?1800544
(↑今すぐクリック!所要時間1秒です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください