お客さんは商品なんか欲しくない

儲けるために重要なヒントを暴露します。

物販ビジネスでこんな事言うのは
変ですが、

「お客さんは商品を欲しくない」

と聞いたらどう思いますか?

実は、お客さんは商品そのものには
興味なんか無いのです。

・・・

想像してください。

あなたが布団を買おうとして
布団屋さんに来たとします。

あなたは何を求めていますか?

願望で考えてください。

布団が手に入れるのが最終目的
でしょうか?

違いますね。

「新しいフカフカの布団で
グッスリ朝まで快適に眠ること」

が願望ではないでしょうか?

あるいは

「質の高い睡眠を取って
体を楽になりたい」

っていう願望もあるかもしれませんね。

布団そのものを手に入れて得られる
満足は本質ではないのです。

むしろ、

「商品=壁」

です。

私達は何らかの願望があったときに、
手段として商品を通して叶えようとします。

しかし、商品を手に入れるには
「代金」という犠牲を支払う必要があるので
むしろ“壁”なのです。

ここで物を売りたいお店の人が、
「商品」にフォーカスすることは
「壁」にフォーカスすることになります。

だから売れにくくなります。

私たちがやるべきことは
お客さんの願望を叶えることです。

「商品ではなくお客さんの願望をにフォーカス」

することでお客さんの人生が良くなる
手伝いをすることです。

するとお客さんは
「喜んで」買ってくれます。

こういう原理原則を知っていると
知らないとでは全く別次元です。

eBayで仕入れるとか
ヤフオクで売るとか、
メルカリとかAmazonとかBUYMAとか

いろいろテクニックはありますが、
その上っ面だけ真似しても
そのうち状況が変わり儲からなくなります。

しかし、
今日お話したような「本質」を理解すれば
応用をきかせてどんな状況にも対応できます。

「商品=壁」

「願望にフォーカス」

この2つがポイントです。

どんなビジネスにも通じる原理原則です。

品川広平

==================
副業で月収30万円を稼ぎたい方は

メルマガに登録してください。
(↑登録はこちら:無料)
※この記事が役に立ったらクリックをお願いします。
このブログを多くの方に広めるために非常に助かります!
人気ブログランキングへ

https://blog.with2.net/link/?1800544
(↑今すぐクリック!所要時間1秒です)
==================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください