成功へのロードマップ

少ない労力でたくさんのお金を
GETしたいですか?

ビジネスの立ち上げの段階で
重要なキーワードは

「ライバル」

です。

これを意識することで
「早く」ビジネスの形にすることが
出来ます。

この「ライバル」を意識せずに
ただ単に「商品」ばかりに目が行くと
息切れの連続の非常に辛いビジネスになります。

儲かるコツは「ライバル」を
どのように考えるかです。

「ライバルは居ないほうが良い」

と思うかもしれませんが、違います。

ライバルが居ないということは
儲かっていないという事が言えます。

逆にライバルが居るということは
儲かっている可能性が高いという事です。

例えば、

誰も見たことがないような
得体の知れない商品を扱えば
ライバルは不在です。

しかしその商品が世間に
認知されていなければ一人も買いません。

そもそも何に使うものなのかわからなくては
話になりませんね。

そうすると、

「ははーん、売れている商品を仕入れれば良いんですね」

と思うかもしれませんが、
実はちょっと違うんです。

その前に、売れていそうな商品があったら、
その商品を扱っている人(ライバル)を
もっとしっかり分析してほしいのです。

何を分析するかというと、

・扱っているアイテムと数
・売上
・広告

です。

例えばあなたが「テディベア」を
扱おうと思うなら、

そのテディベアを扱っているライバルが
他のどのようなアイテムを扱っているかと、
1ヶ月でどの位の売上を上げているか、

そして広告をどの位使っているか
などを調べます。

ヤフオクだったら、
注目のオークションでいくら位
使っているかを調べられます。

「広告を継続的に使い続けている」

という事は儲かってることの裏返しです。

そうすることで、
その市場で1番になれば
どの位の利益が出せるのか予測できます。

商品はそのライバルとまるっきり
同じものだけを狙うのではなく、

似ているものや共通キーワードがある
関連商品を扱ってください。

ガチンコで同じ商品をラインナップにしても
値崩れが起きるだけで儲からなくなります。

そうではなくて、

そのライバルが提供できていない
商品を探したほうがお客さんに喜ばれます。

ビジネスの先には必ず人が居ます。

オークファンに出ている商品をは
鼻息を荒げ血眼になって探すのではなく、

テディベアを買ってくれたお客さんが
求めている、今売られていない商品を
探すのです。

当然ながら、
オークファンに出ていない場合があります。

それをテスト販売して、
上手く行ったらライバルに気づかれないように
一人でコッソリ稼いでください。

こういう流れでライバルが居ないゾーンに
入るのです。

ちなみに、

ここまでやらなくても
オークファンに出ている商品だけを扱っても
月収30万円くらいは余裕で稼げますが、

まずはどんな市場に入って、
どのような商品を扱うのか?

と決める時にライバルを参考にするのが
もっとも近道です。

発行者 品川 広平

感想や聞きたいことがあれば、
info@freeandrich.net まで、ご連絡下さい。

▼ビジネス初心者の最初の教本
ネオ輸入転売自由な金持ちスクール
(スタートダッシュ特別講座)
https://freeandrich.net/LP/startdash/

▼著書 Amazon 売れ筋ランキング1位獲得!
サラリーマンが90日で自由になる!
副業から始めて世界に旅に出よう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください