コロナがくれたプレゼント

品川です、

ここ数年、毎月1〜2回
海外を飛び回っていましたが、
ここ1.5ヶ月はずっと日本にいます。

ライフスタイルが変化して
良いことがたくさん見つかっています。

なんと言ってもNo.1は、

「溜まっていた仕事が片付いている」

ということです。

タスクには緊急性が高いものと、
緊急性が低いものがあります。

そして緊急性が低いものでも
長期的に見ると重要なものがあります。

・仕組みづくり

・これから仕掛ける準備

などはこの

「緊急性が低いけど重要なタスク」

に該当します。

こういうのは気づくと何ヶ月も
過ぎてしまうことがよくあるのですが、
こういうタスクを1個ずつこなせて、

今、かなり清々しい気持ちです。

私には2〜11歳の子供が4人いますが、
学校が休みなので毎日家にいます。

もともと私は
『ホームスクール』
というものに興味があったのですが

突然その夢が叶ってしまいました。

そもそも小学生卒業までの年齢は

「読み書きはしないほうが良い」

という研究結果があるのを知っていて、

詰め込み型の今の日本の
教育システムを押し付けるくらいなら

もっと自由な時間を与えて
好きなように遊ばせたいと
思っていました。

学校だけでなく
習い事も全部休みなので、
ひたすら一緒に過ごしています。

もしコロナがなかったら
こんな貴重な時間はもしかしたら
一生無かったかもしれません。

近々子供たちを近所の海に連れていき
釣りをしに行こうと思います。

午前中に行って帰ってきたら
お昼は庭でBBQです。

夢のような生活です。

「そんな呑気なこと言って
世間は大変なことになっているんですよ!
もっと真剣に考えてください!」

と言われるかもしれませんが、

私はテレビを全然見ないので
多くの人が感じているであろう
恐怖や不安は全く感じていません。

逆に言えばテレビで流れる情報よりも
もっと真実に近い情報が
早く入ってきます。

その情報源のおかげで
最悪のシュミレーションと
最高のシュミレーションの
両側からプランを作った上で

日々を楽しんで過ごしています。

確かに呑気に見えるかもしれませんが、
私に起きている事実はこれが真実です。

初めて月収100万円を
達成したときよりも
今のほうが幸せかもしれません。

家族と無制限で一緒に居れるからです。

収入や今後については考えますが
それは起業したときから同じです。

「自分の力で、自分の足で立って生きる」

と決めたときから、

父親として一家の主として、
大海原を航海する船の船長の気持ちで
家族を守り抜く覚悟で生きています。

こんなメッセージですが、
あなたがこれからの何かしらの
ヒントになれば幸いです。

↓まだ聞いていない方はぜひ聞いてくださいね。

スペシャルな音声を
期間限定でプレゼント中です。

4月26日までで公開は終了しますので
今のうちに視聴しておいてくださいね。

============
コロナの窮地を救う!
サラリーマンが 自宅で出来る
会社に依存しない物販ビジネス
============

<プレゼント音声>独立したい方へ
http://freeandrich.net/LP/shindan202004/

それではまた!

品川広平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください