<プレゼント音声>「会社を辞めたい」と思っている人へ

品川です、

「会社を辞めたい」

と思っている人に役立つ話をします。

私は気がつけば
会社を退職して4年が過ぎていました。

正直、辞めるときは
独立してやっていける確証なんか無く、
不安で一杯でした。

副業はやっていましたけど、
最高月収10万円だったんでかなりの
見切り発車でした。

「時間を掛ければ30万円くらい行くだろう」

と思ってやっては見たものの、
初月の利益がなんと53,000円。

まるでパラシュートの使い方を知らないまま
スカイダイビングをしてしまって、
地面に激突する前に試行錯誤している感じでした。

まあ、翌月は40万円位利益が出て
その後、100〜200万円の利益を
稼いでいけるようになったんですが、

その間何を考えて何をしていたのか?

ということを話すと結構長くなってしまいます。

単純に

「どんな商品を売ったのか?」

とか

「どんな売り方をしたのか?」

って話を教えても、
同じ結果を出すのは結構難しいと思います。

私も副業時代から勉強はかなりしてきて
セミナーやスクールなどに相当な金額を
投資してきたわけで、

その学んできたエッセンスが全部
関わっているのです。

何を学んでいたのかと言うと、

などです。

これ絶対、理解されないし
誰も実践しないと思うんですけど、
私は肉体面を強化することを大事にしました。

なぜなら当時の先生に

「お金持ちになりたかったら健康になれ」

と言われたからです。

特に病気はありませんでしたので
自分は健康だと思ってたのですが
それは間違っていました。

食べ物に相当気を使うようになったり
フルマラソンに出場して完走したり
腸内洗浄をしたりサプリオタクになったり。

肉体面のエネルギーが高まると
疲れにくいしやる気も出ますし
自分に自信が湧いてきます。

月に10万円位稼げると
気づく人もいると思いますが、
結果が出せる人と出せない人の違いは
モチベーションによる部分が大きい。

物販のテクニックは当然大事ですが、

そもそも

「ちゃんと行動する人がほんの一部しかいない」

のです。

すぐ弱気になって辞めてしまう人も多いです。

肉体を強くすることで精神も強くなり
ちょっとの失敗で諦めること無く
結果が出るまで継続することが出来ます。

私達はお金を稼ぎたいわけですが、

お金を稼ぐまでの順番は、

知識(インプット)→行動(アウトプット)→スキル(上手く行ったパターン)→上手く行ったことを繰り返す(継続)

という順番になっています。

ビジネスに興味を持ち出すと
知識やテクニックばかりに
目が行きがちですが、

それで成功するのは一部の人だけで
その一部の人はマインド面が
もともと備わっている人です。

なので、

もっと上っ面のノウハウを
教えて欲しいと思う人も多いと思いますが

私は会社を辞めて自由になりたい人を
サポートしたいと思っているので
伝えたい内容がハードコアになってしまいます。

つまらないと思う人もいると思いますが
書いていることは本質です。

本質に興味を持つ人は少ないですが
本質を求める人は結果が出ます。

今後もハードコア路線で
ガチでやる人を応援していきます。

ということで、

会社を辞めたいと思う人は
起業してからサバイバルを生き抜ける
「思考法」「成功哲学」なども
学んで欲しいと思います。

あんまり自己啓発オタクには
なって欲しくないのですが、
(それだけだと稼げないので…)

ジェームス・スキナーさんの本などは
かなり参考になると思います。

で、

タイトルに書いた
「プレゼント音声」
というのはこれです。

<無料プレゼント音声>
サラリーマンを「拘束する3つの罠」と「打開策」
https://canyon-ex.jp/fx19440/FMsngw

サラリーマンで生活していると
当たり前だと思っている事が
実は結構偏った感覚だったり
することがあって、

その感覚を少しずつ変えていかないと
稼げたとしても天井が低かったり
途中で挫折してしまったりする
可能性が高いと思います。

逆に起業家思考(ビジネスマインド)を
しっかり身につけることができれば
お金を稼ぐことは簡単に思えてきます。

そんな話をしているのでぜひ聞いてください。
そして息が長いビジネスを作りましょう。

<無料プレゼント音声>
サラリーマンを「拘束する3つの罠」と「打開策」
[link]https://canyon-ex.jp/fx19440/FMsngw

それではまた!

品川広平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください