ヤフオクで入札額が競り上がる商品画像

品川です、

昨日に引き続いてヤフオクでの落札額を
上げるための方法を話していきます。

昨日は「商品名」についてでしたね。

ヤフオクで出品する時は昨日のメールを
引っ張り出して、ポイントをチェック
しながら商品名を考えると良いでしょう。

最初は時間がかかると思いますが、
慣れればどんどん短時間で出来るように
なりますので、手間を惜しまずコツコツと
やることをオススメします。

そして今日は画像についてです。

私がいろいろ試した結果、現時点で
やっている方法をシェアします。

ポイントは

素敵に見えるように写す
買い手が見たい部分をきちんと写す
・可能な限り短時間で終わらせる

この3つかなと思います。

まず、参考までに使っている機材は

▼カメラはiphone

▼PCはMacBook Pro

一眼レフのカメラ数種類と普通のデジカメ
などを試したのですが、結局iPhoneが
総合的に一番良いという結論になっています。

1,iPhoneで撮影
基本的に日中に自然光で撮影します。
直射日光ではなく間接光が入る場所で
撮影したほうが良いです。

 

2,パソコンの画像編集ソフト

トリミング(切り抜き)と
フィルターを掛けます。

トリミングがなぜ必要かというと、
商品がいっぱいに映るように切り抜く
一覧ページで出てきた時に商品が大きく
見やすくなるからです。

フィルターについては、
撮影したそのままの状態よりも
フィルターをかけると色がハッキリ
して見やすくなります

iPhoneやmacを使っている人は
「クローム」というフィルターを
試してみてください。

iPhoneでもmacの「写真」というアプリ
でもどちらでも同じフィルターを
掛けられます。

Windowsを使っている方でも
商品の魅力がアップするイカした
フィルターがあるはずなので
探してみてください。

下の記事にオンラインの画像編集サイト
が紹介されています。

https://liginc.co.jp/web/service/102429

(↑私は使っていないので詳しくは
わかりませんが、ちょっと見たら
使えそうでした)

 

3,画像を沢山載せる方法

▼商品説明文に7枚まで画像を掲載できます

私はオークタウンという無料ツールで
ヤフオクの商品登録や画像アップロードを
利用しています。
http://auctown.jp/

▼画像を合成してたくさん枚数を載せる
http://photocombine.net/cb/

このサイトを使うと、複数の画像を
くっつけて1枚の画像ファイルに
繋げることが出来ます。

例えば、縦に4枚の画像を繋げたり、
2列2行で4枚の画像を繋げたり。
ヤフオクのデフォルトの3枚の画像の
2枚目と3枚目を4枚に合成すると、

1枚目ー1
2枚目ー2、3、4、5
3枚目ー6、7、8、9

合計9枚の画像を掲載できます。
(1枚目のメイン画像は合成せず
大きく映るようにしてください)
更に商品説明ページには7枚の
追加画像が掲載可能です。

ここに4枚の画像を合成したものを
7個の画像ファイルをいっぱいのせると
7×4=28枚の画像が掲載できます。

つまり、9+28=37枚の
画像を無料で載せられることになります。

実際はこんなに必要はありませんが、
合計で10枚〜15枚位はあったほうが
お客さんが知りたい方法を網羅できる
思います。

結構手間がかかりますが、
現時点では手間を惜しまず出来ることは
全部やるというスタイルでいろいろ試して
から、後々は手間を削っていきましょう。

以上になりますが、ポイントを整理すると

▼自然光で撮影する
▼切り抜きをする
▼フィルターを掛ける
▼追加画像を活用して10枚位は載せる

特にメイン画像の1枚目だけは
ぼやけていたりブレていたり、
暗かったりしたら絶対に損します

ものすごく重要なので奇跡の1枚を
目指して光の具合や撮影角度などを
試してみてください。

2枚目以降の画像は取り敢えず
ブレていたり暗かったししなければ
大丈夫です。

自然光での撮影については
照明などで上手に撮影できる方は
その方法で構いません。私はそれが
出来ないので自然光に落ち着いています。

今後スマホやPCを購入される方は
macとiPhoneの組み合わせがオススメです。

私はiPhoneで撮影すると自動でPCに
同期されるのでPCに転送する手間が不要です。

画像編集もメチャクチャ速いので
時間短縮にかなり役立っています。

それでは画像についてしっかりマスター
してお客さんが安心して入札できるように
配慮しましょう。

それでは今日はこの辺で!

謝謝!

副業で月収30万円を稼ぎたい方は
メルマガに登録してください。
(↑登録はこちら:無料)
 
※この記事が役に立ったらクリックをお願いします。
このブログを多くの方に広めるために非常に助かります!
人気ブログランキングへ

https://blog.with2.net/link/?1800544

(↑今すぐクリック!所要時間1秒です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください